ぶなしめじ栽培発祥の地南信州より、真心をお込めて木村きのこ園がお届けします
しめじを使った料理のレシピ

 

FAXでのご注文も承っております。

 

ブログ紹介

コンテンツ

Yahoo!ストアは↑こちら

 

 

adobe reader

 
HOME»  工場紹介
工場紹介


詰め込み~殺菌~接種

詰め込み~殺菌~接種
 
ぶなしめじの栄養源となる培地をプラスチックのビンに
詰め込みます。
雑菌が入らないように高温高圧で殺菌し植菌します。
培地はおが粉、米ぬか、とうもろこしの芯などを練り混ぜて作ります。
ぶなしめじ発祥の地、飯田の飯田培地と呼ばれる培地です。

培養

培養
接種した培養物を温度、湿度、
炭酸ガス濃度を管理しながら約90日間培養室に入れます。
ここでも雑菌は要注意!

                                          

菌掻き~生育~収穫

菌掻き~生育~収穫
培養が終わったらビンの上の方のおが粉を掻いて
菌に刺激を与え発芽を促します。
湿度や温度等がきのこの発芽しやすい環境になっている
生育室に移し約20日で収穫です。
光照射にはLEDを使用してます。
しめじ栽培にも青色LEDが活躍してます!               

包装~出荷

包装~出荷
収穫したぶなしめじをスタッフが丁寧に検品し加工、
包装します。